指導者のための10ヵ条

1.プレイヤーは常に違和感と不安の中にいます。結果ではなく何かにトライしたことを褒めてください。

2.できるようになるには、時間がかかります。優先順位をつけ、発育発達段階に応じた指導をしてください。

3.あなたが昔、学んだ技術が正しいとは限りません。向上心を忘れず謙虚な姿勢で指導してください。

4.審判の判定にクレームをつけるのではなく、全ての審判員のレベルアップに貢献してください。

5.あなたが試合をするのではなく、試合をするのはプレイヤーです。試合は日頃の成果を確かめる場です。

6.敗北は全てあなたの責任です。プレイヤーのせいではありません。冷静に次の課題を見つけてください。

7.頭も体も鍛えるには時間がかかります。子どもの将来に向けて適切な判断力とマナーを教えてください。

8.保護者等との連携がチームづくりには欠かせません。特に金銭トラブルに注意してください。

9.体罰、言葉による暴力をなくしましょう。指導者同士で注意し合うようにしてください。

10.安全第一。正しい身体の使い方を指導してください。もしケガや事故が発生したら冷静に対処してください。

Copyright©2010 茨城県バスケットボール協会指導者育成委員会